長野市にある小さなお菓子屋です。
 

もともと社宅として使われていた団地の一室に店舗はあります。
 

店名の由来は焼菓子屋を営んでいた祖父の名前です。

 

わたしたちの焼くお菓子は
 

見た目が派手でもなく、
 

とびっきりおいしいわけでもありません。

 

 

シンプルで素朴だけれど、
 

それが一番おいしいと
 

わたしたちは考えます。

 

 

「毎日食べたくなるお菓子づくりを」

 

 

わたしたちがお菓子づくりを始めた頃から、
 

この思いは変わりません。

 

 

お菓子を手に取ってくださった方に
 

笑顔が生まれますように



HEIHACHIRO BAKE SHOP / HP